青森県の地元農家とともに、確かな目利きで新鮮な季節の果物を全国へ発送しています。


村井青果

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
カートを見る
  • TOP > 果物 > > (常温)青森の長十郎梨 [家庭用/サイズ混合] 約6kg※同品種の梨以外とは同梱できません
  • TOP > 長十郎梨 > (常温)青森の長十郎梨 [家庭用/サイズ混合] 約6kg※同品種の梨以外とは同梱できません

(常温)青森の長十郎梨 [家庭用/サイズ混合] 約6kg※同品種の梨以外とは同梱できません

販売価格 3,800円(税込)
購入数
配達指定
・オプションの価格詳細はコチラ

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)



10月上旬〜10月下旬の発送予定です。
※同品種の梨以外とは同梱できません



昭和の代表品種 和梨

長十郎梨


「長十郎」は、明治28年頃に神奈川県の梨園で発見され、その屋号から長十郎の名前がつけられました。 かつては全国の栽培面積の8割を占めた代表種でしたが、戦後は幸水などの人気種の普及で生産が減少、いまや“幻の梨”とも呼ばれる品種です。


長十郎梨


明治時代には、現在の千葉県松戸市において「二十世紀」が、現在の神奈川県川崎市で「長十郎」がそれぞれ発見され、その後、長らく梨の代表格として盛んに生産されるようになりました。 また、それまでは晩生種ばかりでしたが、多くの早生種を含む優良品種が多数発見され、盛んに品種改良が行われました。 20世紀前半は「二十世紀」と「長十郎」が生産量の大半を占めていましたが、戦後になると1959年に「幸水」、1965年に「新水」、1972年に「豊水」の3品種(この3品種をまとめて「三水」と呼ぶこともある)が登場し普及しました。そのため、現在では「長十郎」の生産はかなり少なくなっています。



黄色くなったら食べごろです

長十郎梨は黄色くなったら食べごろです

当店の「長十郎」は完熟状態のものと、まだ青い未成熟のものが混ざって届きます。 左のように黄色くなったら食べ頃です。基本、青い色のものが行きます。 若干の酸味などを好む方は青い状態でお食べください。


まれに褐変した梨が混ざります

まれに果肉が変色した状態の梨があります。これは「みつ症」といい、果肉部分が半透明に褐変したものです。 蜜が溜まっている状態で甘いですが、悪くなる手前の状態ですので、気になる方は変色した部分を取り除いてお食べ下さい。


ご注意事項

保存方法

常温で保存し、1週間程度を目安にお召し上がりください。
※1週間たっても青いままの状態の場合もあります。


スレ、シミ、キズ有り

スレ、シミ、キズ有り

皮表面に、梨の成長時にできたキズやシミがございます。見た目が良くないのでご贈答には向きませんが、他の梨と味に変わりはございません。


原産地 青森県三戸郡南部町
発送温度帯 常温
出荷可能時期 10月上旬〜10月下旬
賞味期限 常温で保存し、1週間程度を目安にお召し上がりください。
最大梱包数 2セットまで

ページの上部へ